産業用ロボット特別教育講習のご案内

産業用ロボットの導入予定または既に導入済みの事業者の皆様へ!!!

事業者は産業用ロボットの教示等*1 や検査等*2 の作業に労働者を就かせるときは、 その全員に労働安全衛生法第59条第3項*3 に基づき、特別教育を行うことが義務付けられています。

注)*1教示等:
「産業用ロボットの可動範囲内において当該産業用ロボットについて行うマニプレーターの動作の順序、 位置若しくは速度の設定、変更若しくは確認」のことをいう。(労働安全衛生規則36条第31号)
*2検査等:
「産業用ロボットの可動範囲内において当該産業用ロボットの検査、修理若しくは調整(教示等に該当するものを除く)、 若しくはこれらの結果の確認」のことをいう。(労働安全衛生規則第36条第32号)
*3労働安全衛生法第59条第3項:
事業者は、危険又は有害な業務で、厚生労働省令で定めるものに労働者をつかせるときは、 厚生労働省令で定めるところにより、当該業務に関する安全又は衛生のための特別の教育を行なわなければならない。
当センターでは、労働安全衛生規則第36条第31号、第32号に基づいた安全教育を実施し、 その受講者には労働安全衛生規則に定められた特別教育終了証を発行しております。



あなたはRTC東海において労働安全衛生規則第36条
第31号・第32号に定められた「産業用ロボットの教示等
および検査等の業務に係る特別教育」過程を修了され
たことを証します。

↑産業用ロボットの教示等および検査等の業務に係る特別教育修了証
産業用ロボット安全特別教育コース

労働安全衛生規則第36条第31号、第32号
に基づいた安全教育です。


3日間(学科13時間、実技6時間)

受講者には、「産業用ロボットの教示等及び検査等の業務に係る特別教育終了証」を終了日に発行いたします。

ロボットテクニカルセンター(RTC)の特別教育講習の3大特徴

RTCグループは、年間1,000名のロボット有資格者を輩出している兵庫県西宮市の「RTC兵庫」と 東京都大田区の「RTC東京」に次ぐ拠点として岐阜県大垣市「RTC東海」を 2019年1月に開校予定です。
〇国内主要メーカーからロボット設置
学科については、ロボットテクニカルセンター内講習室を使用。
実技については当センターの講習用ロボットを使用します。
〇実機を用いた実践式の講習
実機を用いた講習で実際に体験しながら学ぶことが出来ます。
〇終了後日も講習のサポート
終了後日でも、操作・教示等の練習ができます。ただし、事前予約制で別途指導料が必要です。
詳細は別途お問い合わせください。

産業用ロボット安全特別教育 詳細

【開催日】 2019年2月より開講予定
【開催会場】 RTC東海(RTC兵庫、RTC東京でも開催しております)
【講習時間】 9:00~17:00 (講習時間は目安です)
【講習内容】 ・産業用ロボットの基礎知識(構造・機能)について
・産業用ロボットの操作方法及び教示等の基礎について実習
・過去の産業用ロボット関連の災害事例と作業の危険性及び関連法令について
・産業用ロボットの検査等の作業について
【講習期間】 安全特別教育コース(3日間): 学科 13時間、実技 6時間
特別教育コース
(3日間)
講習内容 講習時間
1日目 学科 産業用ロボットに関する知識
産業用ロボットの教示等の作業に関する知識
関係法令
2時間
4時間
1時間
2日目 学科 産業用ロボットに関する知識
産業用ロボットの検査等の作業に関する知識
2時間
4時間
3日目 実技 産業用ロボットの教示等の検査方法
産業用ロボットの操作方法
産業用ロボットの教示等の作業の方法
6時間

*講習時間は目安であり、実習を通じて基礎知識の習得を行います。
*使用テキスト「産業用ロボット安全」教示用・検査用(RTC作成)


RTC東海

〒503-2212 岐阜県大垣市赤坂東町16番地
        (田口鉄工所赤坂工場内)

※JR美濃赤坂駅:徒歩7分(大垣駅より東海道線 美濃赤坂行)
※バス 赤坂港跡:徒歩3分(大垣駅より消防赤坂分署行)


お問い合わせ

株式会社 田口鉄工所

〒503-0986 岐阜県大垣市中曽根町 319-1
TEL:0584-91-3226 FAX:0584-91-7874
e-mail:rtc@taguchi-mw.com

© RTC Tokai